より詳しく知ろう

病院

その病気の正体は

やる気が出ないとか、食欲がない、何もかもが嫌になってしまう等の症状が有名なうつ病ですが、現在では研究も進み、以前よりも細かな種類に分類されています。例えば心ではなく体の方にだけ症状が出ている時は仮面うつ病の可能性が否定できません。体にあらわれている症状だけをなんとかしようと治療しても、根本的な解決には至っていない為、結果的に何度も病院に通う事になります。また老年期に差し掛かろうとしている時期に発症するのが退行期うつ病と呼ばれる物で、発症した年齢によってもその呼び名は若干変わります。自分の年齢を感じてやる気がなくなったり、自身を過小評価してしまったりする等だけでなく、身体の不調ばかり訴える様に鳴る事もあります。さらに周りの人に心配を掛けないが為に無理に笑顔を見せようとするのが微笑みうつ病と呼ばれる物で、笑顔出るので深刻な状態だと周りが気付きにくいのが特徴です。症状自体はそれほど重くなく本人にも自覚がない場合も多いのですが、実際には体力があるからこそ行動に移しやすいと言う点も見逃す事は出来ません。それ以外では季節性の物や産後発症する物も有りますが、これらは季節の変化やホルモンバランスが大きく関係しています。うつ病は適切な時期に正しい治療を行うことで症状を悪化させずに早期回復が見込まれる病気となっています。現在その治療では投薬やカウンセリングを利用する事が多いのですが、その人のうつ病の症状によってもアプローチ方法は変わります。投薬の場合は大体2週間分の薬を1回に処方される形となっており、その際は3000円から5000円程支払う事になります。1ヶ月に2回病院に行くので、大体6000円から1万円位の治療費を払うのが相場となっており、そこに交通費等をプラスした額が大体1ヶ月当たりの負担額となります。またカウンセリングを行う場合は1回あたり7000円から1万円程が相場となっていますが、利用するカウンセリングの施設が都市部に有るのか郊外にあるのかでも変わります。うつ病の治療を行う場合、投薬治療は一定以上の効果が期待できると評判となっており、この方法で治療を行う人も少なくありません。鬱の治療は二人三脚で行う事も多く、本人ではなく周りの人が良い治療法だからと言って勧める事もあります。